iPhoneアプリ開発者が知っておくべき「デザイン」について

「デザイン」というキーワードについて、もう少し踏み来んで、論理的に捉える必要がると思い、色々と情報収集中。最近見つけたものを紹介します。(技法的なネタはあまり含めていません。)

 

android nightの資料のようだが、androidに特化した内容ではなく、「デザイン」概念についての資料。

デザインとは「設計」すること

 

エンジニアのためのUX入門

アフォーダンス!
これもandroidを冠した資料だが、must read.  各種リソースリンク情報がたくさん紹介されている。

 
iOS design: a case study
View more presentations from Johan Ronsse
グラフィックデザイン寄り

社会へ繋がるためのUX
UXデザイン
slideshareはググっても出てこない良いネタが眠っている。
以下は、blogのエントリから。

小野和俊のブログ〜UX/UIデザインガイドライン 

Apple、Microsoft、Google、etc.のUX/UIデザインガイドラインリンク集

appleのiOSヒューマンインターフェースガイドライン(PDF)はおなじみかと思うが、MetroスタイルアプリのUXの設計パターンあたりは、いちどじっくり読んでおきたい。

 

Design Spice〜Appleが推奨するSkeuomorphic Designとそのメリットデメリット

現実世界のモチーフを模倣したデザインをよく見るようになりました。
 このようなデザインをSkeuomorphic Design(またはSkeuomorphic UI)と呼ぶそうです。

脱 Skeuomorphic UI の流れが、iPhoneアプリ界にも増えてきそうです。

 

長谷川恭久さんのBLOG〜習慣になるまでの UI と操作の変化

現実世界のメタファーUIは「習慣化されているから」直感的。

 

OVERKAST〜モードレスな UI としての Clear

モーダルとモードレスという概念。

 

サンフランシスコのWebコンサルティング会社 -ビートラックス- スタッフブログ〜米国のデザイン教育から学んだこと

デザインとは理論的なプロセス

 

WIRED Japanese edition〜ジョナサン・アイヴ、Appleのデザインを語る

「われわれの目標はとてもシンプルです。よりよい製品をデザインし、製造するということです。よりよいものが作れないなら、それは行いません。われわれの競合者はそのほとんどが、”何か違うことをする”ことに興味を持っています。あるいは、新しいと見られたがる。しかしそれらは、完全に間違った目標だと思います。プロダクトは本当に、よりよくなければいけないのです。それには真の鍛錬が必要です。われわれを動かしているのは、よりよいものを求めるという、心からの欲求なのです」

刺さる言葉。