appSEOとappCod.esを試してみた

appSEOとappCod.esを試してみた@umeken123 さんのBLOGのエントリ App Store内のSEO最適化について調べてみた

を見て、appSEOとappCod.esを試してみたので、メモ。

 

appSEO

  • 1週間は1アプリ無料で試せる。
  • 1アプリ目は無料、2アプリ目から$20/月
  • 競合アプリ分析の課金構造が解りにくいのだが、1課金アプリに対し3つまでは競合アプリ分析が可能。それ以降は1競合アプリ追加毎に$3かかる模様。
  • もう一つ、気をつける必要があるところとしては、課金は1アプリ毎に$20だが、アプリとAppStoreのマーケット(国)の組み合わせ毎に1アプリと換算される。どいういうことかというと、Aというアプリについての分析を日本マーケットとアメリカマーケットそれぞれ分析したい場合、2アプリとして、$20×2の課金が必要となる。(競合アプリオプションも当然別)
  • Dailyで集計データメールが飛んでくる。
 

appCod.es

  • お試し期間はなし。課金しないと試せない。
  • PayPal払いで、$14.95/月。PayPalの毎月自動引き落とし?となり、放っておくと毎月PayPalで自動的に支払いされてしまう。
  • appSEOと比較すると、機能は物足りない。appSEOにない機能としては、競合アプリの登録キーワード推測機能くらい。
正直、月$15の価値はないかと。。。

両方試してみて、改めて理解したことは、AppStore むけSEOとして出来ることは少ないということ。

対策としてできることは、結局のところ
  • アプリ名
  • キーワード定義
をいじることだけなので、当然と言えば当然。

紹介したどちらのサービスも、狙ったキーワードに対し、自分のアプリがどの辺りのランクにいるかを調べるツール。

狙った(狙いたい)キーワードでのランクアップをする具体的な術は先の2点以外にはなく(不明だという意味)、先の2点を実施しても検索ランキング上位が無理な場合は諦めて、他のキーワードを盛り込めという考え方であり、果たしてこれが本当に効果的かどうか?は、アプリのジャンルによると思う。(メジャーなキーワードはほぼ埋まっているので、ニッチなキーワードを見いだす必要があるが、そのニッチかつ有効なキーワードを見いだす具体的術もあまりなく、また、ニッチなキーワードで検索上位を取れたとしても、それがどれだけダウンロード数に影響するかという点も微妙な気がする。)

ということで、否定的なコメントとなってしまいましたが、appSEOで自分の設定したキーワードがどれだけ有効か?を知っておいて損はないでしょう。

 


Comments are closed.