iPhoneのカレンダー同期その2(繰り返し予定)

iPhoneのカレンダー同期その2(繰り返し予定)前回の「iPhoneのカレンダー同期その1(アラート同期)」に続いて、今回は繰り返し予定関係です。

 

iOSのEventKitで、Google Calendarと同期した際、繰り返し予定の定義や修正がちゃんと機能するかについてExchange(ActiveSync)の場合とGMail(CalDAV)の場合で比較検証した結果です。

検証結果の表を書くのは、前回のポストでこりたので、トピックスだけ。(すみません。)

 

  • CalDAVでの、iOS  -> Google Calendar 方向の同期については、即時反映のはずだが、若干反映に時間がかかる(数分程度)。ちなみに、Exchangeの場合は、ほぼ、即時反映。(CalDAVで、Google Calendar->iOS方向の同期についてはiOSのフェッチ時間設定に依存)
  • CalDAVでの、iOS -> Google Calendar 方向の同期については、繰り返し予定修正(1件のみ修正/以降の全ての予定を修正のどちらも)で、タイトルを修正したり、削除した場合、修正/削除がGoogle Calendarに反映されないケースがある。(先に述べた通り、CalDAVの場合、同期に若干時間がかかるようだが、同期が反映される前に次の修正/削除処理を行なうと、前の反映処理の取りこぼしが発生してしまうように見受けられる。)
  • CalDAV,Exchangeに限らず、複数曜日(週あたり)指定や、複数日(月あたり)指定を伴う繰り返し予定に対し、予定の情報(タイトルなど)の修正を行い、「以降の全ての予定に反映」を行なうと、複数曜日指定や、複数日指定が解除されます。つまり、繰り返しパターンが変わってしまいます。(iOS標準のカレンダーAppや、他のiOSカレンダーと同期するAppでも同様)。内部的には、RRULEのBYDAYやBYMONTHDAYフラグが消えます。(EventKitの不具合っぽい)
 

繰り返し予定については、まだまだ、落とし穴が潜んでいそうです。引き続き検証続けます。

なんにせよ、上記を踏まえ、アプリとしてどう実装するか?非常に悩ましいところです。(現状は特にアプリ側で制限はしてません。)

続きはこちら

「iPhoneのカレンダー同期その3(ExchangeとCalDAV比較)」

 


Comments are closed.